スポンサードリンク



ナイアシンとはカテゴリの記事一覧

ナイアシンとは

ナイアシン(ニコチン酸)はビタミンB3ともいいます

水溶性ビタミンB群のひとつで
糖質・脂質の代謝に働いてくれます。

ナイアシンの働き
・糖質・脂質の代謝
・皮膚の発育。皮膚や粘膜を健やかにしてくれます
・血行を促進

ナイアシンが欠乏すると
・肌荒れ
・口舌炎
・ペラグラ

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足すると
ナイアシンを合成する能力が低くなります。

 ⇒ナイアシンを多く含む食べ物







ナイアシンをたっぷり含む食品

ナイアシンは皮膚や粘膜を保護。

ナイアシンは水溶性で体に貯蔵されません。
が、ある程度は自分の腸内でも合成されます。
(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足すると
合成されにくくなってしまいます)

ナイアシンを豊富に含む食品
  
カツオ  15.2mg/100g
豚レバー 14.0mg/100g
塩サバ  12.0mg/100g

ほかにもナイアシンを豊富に含む食べもの

納豆
さけ
いわし
ピーナツ
さつま芋







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。