スポンサードリンク



亜鉛のとれる食べ物カテゴリの記事一覧

亜鉛が足りないと

亜鉛が足りないと味覚障害になるわけ

下には味を感じる味蕾という細胞があります。
この細胞を作るのに必要な栄養素が亜鉛
従って、ジャンクなものばかりたべていたりして、亜鉛が足りないと
味がわからなくなってしまうというわけです。

「えー、ジャンクなものばかり食べていたわけでもないのに」

 大豆のとりすぎは亜鉛の吸収を阻害することがあります。
 ぬかやふすまに含まれるフィチン酸塩は亜鉛の吸収を阻害します。
 フィチン酸塩は大豆たんぱく質の中にもあります。

 牡蠣などで意識して亜鉛をとりましょう。( ̄Д ̄)ノ

 ⇒亜鉛の多い食べ物









抜け毛にも亜鉛が効く

亜鉛のはたらきは味覚を正常に保つことが有名。
亜鉛が不足すると、味がわからなくなってしまいます。

さらに亜鉛は髪を伸ばす酵素を活性化させる働きがあります。亜鉛が不足すると、肌荒れ、抜け毛などを引き起こすのです。
抜け毛が気になる方は貝類で亜鉛を率先してとってみましょう。
(* ̄∇ ̄)ノノ








亜鉛をたっぷり含む食品

やはり亜鉛といえばカキ(牡蠣)

一日7.6〜17.6mgも摂っておけばOK
牡蠣だと6個ぐらいで足りてしまいます。

1位 カキ   13.2mg/100g
2位 豚レバー  6.9mg/100g
3位 牛肉赤身  5.7mg/100g
4位 牛レバー  3.8mg/100g
5位 大豆    3.5mg/100g


ほかにも亜鉛を含む食べ物

・バナバ茶
・納豆
・ごま
・アーモンド
・うなぎ










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。