スポンサードリンク



DHAのとれる魚カテゴリの記事一覧

DHAとは?



DHAは魚の脂の成分

DHAは魚の脂肪に含まれるn―3系列多価不飽和脂肪酸です。
(植物油のα―リノレン酸からも体内で合成することができます)

DHAのはたらき

・ 血液サラサラ効果(悪玉コレステロール抑制)
・ 脳の発達、機能を高める

DHAは悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を減らし、血管壁にくっつきにくくします。

またDHAには、脂肪を燃やす酵素のはたらきを高め、脂肪燃焼を促進。高血圧、動脈硬化の予防に役立ちます。

脳の情報伝達をおこなうニューロン(神経細胞)には多くDHAが含まれており、不足すると記憶力や学習能力が低下することがわかっています。







DHAを多く含む食品


DHAを多く含む食品ベスト3
(1g中DHA含有量)

第1位 スジコ 24mg
第2位 ウナギ蒲焼 13mg
第3位 真イワシ 13mg

メジマグロ 8.5mg
カンパチ 7.3mg
真アジ 4.4mg

DHAは熱には強いですが、酸化しやすいので、魚は新鮮なものを選びましょう。
また、DHAは皮と身の間や血合いに多く含まれます。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。