スポンサードリンク



HGHヒト成長ホルモンを増やす方法



自然にHGHを出す

HGHのアンチエイジング効果は、素晴しいものばかりですが、いかんせんホルモンゆえにちょっとこわいですよね。HGH販売では逮捕者も出ています。

HGHってもっと自分のからだから自然に出ないの? と思って調べてみました。

【送料無料】革命アンチエイジング

こちらにHGHの情報が詳しく載っておりました。
HGHの自然な分泌を促すには――

運動

週二三回の運動でHGH濃度があがるそうです。下半身のトレーニングが最も効果的で、長距離などより、短距離、重量あげなど激しいものがいいとのこと。

HGH(hgf)の産出を助ける栄養素もたくさんあります。

なかでもアルギニンとオルニチンは特にHGH(hgf)の産出に重要にかかわっているようです。

オルニチンはインスリンを分泌し、筋肉の増強をするように仕向けます。

アルギニンはHGHの放出を助けます。HGHが放出される時、ソマトスタチンという物質がブレーキをかけようとするのですが、アルギニンはそのブレーキをはずし、HGHをたくさん放出させるといわれています。







HGH ヒト成長ホルモンとは

HGH ヒト成長ホルモンは小人症の特効薬として用いられてきました。

HGH ヒト成長ホルモンとは、脳下垂体でつくられるホルモンの一種です。

このHGH(ヒト成長ホルモン)が血中に流れ込むと、数分で肝臓にいたり、成長因子(IGF―1等)に変わります。

成長因子は各器官にはたらきかけ、骨形成にかかわったり、筋肉で利用されたり、文字通り体を成長させる指令を出します。

このおかげで、成長期にある子どもは、身長が伸びたり、成人においては肉体のめざましい若返り効果が得られます。

HGH(ヒト成長ホルモン)には次のような効果があるといわれています。

・ 体脂肪を減少させる
・ 筋肉量を増加させる
・ 精力を増進させる
・ 免疫能力を回復させる
・ 骨を強化させる
・ 視力を回復させる
・ なめらかで張りのある肌を作る
・ 髪を増やす

HGH(ヒト成長ホルモン)の分泌は、睡眠中におこなわれます。15〜20歳の成長期がピークで、老化とともに減っていき、65歳を過ぎると欠乏が一般的になります。


※過剰にHGH(ヒト成長ホルモン)を服用した場合、末端肥大症になる危険があります。日本では医師の処方が必要です。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。