スポンサードリンク



HGH ヒト成長ホルモンとは

HGH ヒト成長ホルモンは小人症の特効薬として用いられてきました。

HGH ヒト成長ホルモンとは、脳下垂体でつくられるホルモンの一種です。

このHGH(ヒト成長ホルモン)が血中に流れ込むと、数分で肝臓にいたり、成長因子(IGF―1等)に変わります。

成長因子は各器官にはたらきかけ、骨形成にかかわったり、筋肉で利用されたり、文字通り体を成長させる指令を出します。

このおかげで、成長期にある子どもは、身長が伸びたり、成人においては肉体のめざましい若返り効果が得られます。

HGH(ヒト成長ホルモン)には次のような効果があるといわれています。

・ 体脂肪を減少させる
・ 筋肉量を増加させる
・ 精力を増進させる
・ 免疫能力を回復させる
・ 骨を強化させる
・ 視力を回復させる
・ なめらかで張りのある肌を作る
・ 髪を増やす

HGH(ヒト成長ホルモン)の分泌は、睡眠中におこなわれます。15〜20歳の成長期がピークで、老化とともに減っていき、65歳を過ぎると欠乏が一般的になります。


※過剰にHGH(ヒト成長ホルモン)を服用した場合、末端肥大症になる危険があります。日本では医師の処方が必要です。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最強のアンチエイジング 成長ホルモン
Excerpt: 成長ホルモンの分泌が決め手 成長ホルモンは、人間のからだを成長させ、若々しく維持していくものです。 脳下垂体から染み出て、各器官にはたらきかけ、骨密度をアップさせ、弾力のある肌をつくり、さして運動..
Weblog: 美肌とアンチエイジング
Tracked: 2012-03-08 19:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。