スポンサードリンク



ビタミンCの効率のよい摂り方

ビタミンCのサプリは酸っぱいほうが効きます。

レモンキャンディーみたいに甘い味にしているものは、ビタミンCの吸収を妨げるので、せっかく摂っても、結局、お金と手間の損です。

なぜ甘いとダメなのでしょう。

ビタミンCが細胞にとりこまれるためには、細胞についている吸収ポンプのはたらきを必要とします。
この吸収ポンプは、ブドウ糖運搬体といってブドウ糖と兼用なのです。

(※このブドウ糖運搬体にインシュリンが作用して「吸収」という運びになります)

甘い、糖分を含むビタミンCのサプリだと、糖分がすぐにブドウ糖となって、このポンプを独り占めしてしまいます。するとビタミンCは吸収されず、吸収されてもちょびっとになってしまうのです。

日ごろから高血糖で、血液内に糖分がたっぷりある人だと、ビタミンCが吸収されにくい、ということにもなります。

風邪をひき、こじらせずに治したい、という時は、甘いものを避け、ビタミンCを原末か、糖分なしの錠剤で摂りましょう。
原末はレモンなみに酸っぱいですけどね。(笑)







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。