スポンサードリンク



動脈硬化に効く栄養素

動脈硬化の原因、高脂血症をふせぐには!
動脈硬化の予防には、コレらの栄養素

EPA

血栓を溶かし、血液をサラサラに。
 善玉コレステロールをふやし、中性脂肪を減らす

 ⇒EPAのとれる魚

DHA

EPAに同じ、血栓を溶かし、血液をサラサラに。
 善玉コレステロールをふやし、中性脂肪を減らす

 ⇒DHAのとれる魚

食物繊維
 
  腸内でコレステロールに吸着して排出!

 ⇒食物繊維のとれる野菜

不飽和脂肪酸

 血中コレステロールを減らしてくれます。
 オレイン酸、EPA、DHAなど

大豆サポニン
 
 サポニンは不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、血中脂質を低下させます。
 大豆、大豆加工食品、納豆、枝豆など


タウリン

 タウリンは血中コレステロール値を下げて、善玉コレステロールを
 増やしてくれます。

 あさりなどの貝類、イカ、たこ、かになど







ナイアシンとは

ナイアシン(ニコチン酸)はビタミンB3ともいいます

水溶性ビタミンB群のひとつで
糖質・脂質の代謝に働いてくれます。

ナイアシンの働き
・糖質・脂質の代謝
・皮膚の発育。皮膚や粘膜を健やかにしてくれます
・血行を促進

ナイアシンが欠乏すると
・肌荒れ
・口舌炎
・ペラグラ

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足すると
ナイアシンを合成する能力が低くなります。

 ⇒ナイアシンを多く含む食べ物







ナイアシンをたっぷり含む食品

ナイアシンは皮膚や粘膜を保護。

ナイアシンは水溶性で体に貯蔵されません。
が、ある程度は自分の腸内でも合成されます。
(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足すると
合成されにくくなってしまいます)

ナイアシンを豊富に含む食品
  
カツオ  15.2mg/100g
豚レバー 14.0mg/100g
塩サバ  12.0mg/100g

ほかにもナイアシンを豊富に含む食べもの

納豆
さけ
いわし
ピーナツ
さつま芋







一週間で血液サラサラ

かなりのドロドロ血も一週間でサラサラに

「さかな、さかな、さかな〜♪」
青魚ブーム、もう終わってしまいましたか。

イヌイットの人たちに血栓症が少ないのは魚や海獣の中に
含まれるEPADHAのおかげ。

EPAとDHAの特徴はその即効性にあります。
一週間で、ドロドロ血がサラサラに流れるようになります。
多少の動脈硬化があっても血液がサラサラなら血液はきちんと
流れます。
一日一食はお魚で。

 ⇒DHAの豊富な魚
 ⇒EPAの豊富な魚







特に抗血栓作用のある果物

食後のフルーツで血液サラサラ

特に抗血栓作用のあるフルーツは

・マスクメロン
・プリンスメロン
・すいか

・甘夏
・グレープフルーツ
・レモン

・いちご
・ラズベリー

・キウイフルーツ
・パパイヤ

瓜系と柑橘系とベリー系が多いようです。

 ⇒抗血栓作用のある野菜







抗血栓作用のある野菜

血液をサラサラにして、血小板の凝集をおさえ、
血栓を作らないために。


 EPAやDHA以外にもこんな野菜に抗血栓作用が。

強力な抗血栓作用

・にんにく
・にら
・ねぎ
・タマネギ

・アスパラガス
・あしたば
・パセリ
・トマト
・しそ

次点 抗血栓作用のある野菜

・春菊
・かいわれ
・チンゲン菜
・ピーマン

香味野菜などが多いですね。
野菜の中のピラジンという成分が血液をサラサラにしてくれます。







体を修復するビタミンB6

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に必要

ビタミンB6はたんぱく質と脂質の代謝にかかわる
ビタミンです。

ビタミンB6の働き
・新陳代謝をうながし、組織を修復
・赤血球の形成も助けます。

ふつうは腸内細菌がビタミンB6を合成してくれますが、
抗生物質やピルなどの使用で欠乏することもあります。

ビタミンB6が欠乏すると
・皮膚炎
・てんかん
・貧血

ビタミンB6が豊富な食品・牛レバー
・マイワシ
・くるみ
・じゃがいも







ビタミンB2の効果

ビタミンB2は美容ビタミンぴかぴか(新しい)

細胞の再生を助け、粘膜を保護する働きがあります。

ビタミンB2の働き

・脂質や糖質の代謝を助ける
・目の疲れを軽くする
・口、胃、肛門などの粘膜を保護
・皮膚・髪・爪などの再生にも一役

ビタミンB2が不足すると

・口内炎や口角炎
・目の充血、角膜炎
・肛門や陰部のただれなど皮膚病にかかりやすくなります。

 ⇒ビタミンB2はどんなものに入っている?








ビタミンB2を豊富に含む食品

ビタミンB2はエネルギーを生み出すのに重要なビタミン

ビタミンB2をたっぷり含む食品ランキングぴかぴか(新しい)

1位 豚レバー 3.60mg/100g
2位 牛レバー 3.00mg/100g
3位 しじみ  0.65mg/100g
4位 納豆   0.56mg/100g
5位 卵    0.43mg/100g

そのほかのビタミンB2を豊富に含む食品

さんま
小松菜
うに







ビタミンKとは

ビタミンKは血液凝固に必要なビタミンです。

ビタミンKにはK1とK2があります。

ビタミンKの働きは
・血液凝固
・たんぱく質が骨を作る時に必要

ビタミンKが足りないと
  血液凝固因子プロトロンビンが作れなくなり、血がかたまらなく
  なってしまいます。
・血液凝固障害

ビタミンKの問題点
薬などで摂りすぎると過剰障害を起こします。
・皮膚病変
・呼吸困難など

 ⇒食べ物でビタミンKを摂るには







ビタミンKを多く含む食品

ビタミンKは緑黄色野菜に多い

ビタミンKは骨の健康維持に必要なビタミンです。

ビタミンKを多く含む食品は
・ブロッコリー
・ほうれん草
・小松菜
・ニラ
・春菊
・モロヘイヤなど

ビタミンK2は微生物によって作られます。

・納豆
・腸内細菌で自給!







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。